バンクイック 即日

ママ友に誘われバンクイックのような即日融資できる会社で借りました

私には二人の子どもがいます。最初の子どもができるまでは仕事をしていたのですが、以前働いていた会社は時間が不規則で子どもがいると働くことが難しいので、一旦仕事をやめてずっと家にいました。主人とは職場結婚で、主人も時間が不規則なので、子どもの行事や地域の行事などは私が出るしかありません。それにパートだと土日に出られなければ今は雇ってくれるところが少なくて。土日であっても小さい子どもを置いて働きに出るわけにも行かず、子どもが小学校に入るまで何とかして、その後パートを始めて貯金をすればいいと思っていました。

そして、この春下の子も小学生になり、上の子と休みの日少しだったら留守番ができるようになったので、それを機にパートを始めました。でも、子どもが大きくなるとご飯を食べる量も増えますし、服なども好みを言ったりし始めますので、なかなか思うように貯金はできないのが現実でした。さらに、小学校入学で机や制服などを揃えたこともあって、貯金はほとんど0の状態になってしまいました。

そんなとき、ママ友から子ども連れで遊びに行こうと誘われたんです。ママ友もふと思いついて言ったことなので、週半ばに聞いたのに行くのは週末という、かなり急な計画でした。行き先は近くにある小さな遊園地ですが、それでも入場券やフリーパスチケット、ご飯代などを合わせると今の我が家にとっては痛い出費となります。

それなら断ればいいかと思ったのですが、子どもの目の前で話が出たこともあり、断りにくい状態でした。それに、自分の付き合いならともかく、子ども関係の誘いはもともと断るのが難しいものでもあります。困った私は、どこかでお金を借りることはできないかと考えました。

そこでふと思い出したのがCMなどでよく聞く即日融資という言葉でした。即日ということはその日のうちに借りられる、これなら何とかなると、インターネットで即日融資と検索してみたら、聞き覚えのある会社の名前がたくさん出てきました。中には三菱東京UFJ銀行のバンクイックなどといったように、銀行と関連のある会社でお金を借りることもできるような場所もあるということがわかりました。

銀行と関連があるのなら安心できる気がして、ちょっとそのページを見てみたら、やはりその日のうちに借りられることや、お金を返すためにはどうしたらいいのかなど、わかりやすく書いてありました。これなら、初めて利用するのでもわかりやすいと思いました。でも、それを見て知ったのですが、お金を借りるためには審査を受けなければいけないんですね。

審査と聞いてかなり不安になりましたが、いろんなところを見ているうちに、収入があれば主婦でもOKとはっきり書いてある場所があることに気付きました。パートを始めていてよかった!と思いながら、そう書いてあるところの方が審査が受けやすい気がして結局はそこで審査を申し込んだのですが、結果はOKでした。

時間帯にもよるみたいですが、私は急いでいたので昼までに審査を申し込んだおかげで、その日のうちに借りることができてとても助かりました。それで安心して子どもたちを遊びに連れて行くことができました。子どものうちに、友達といろんな経験をさせることも必要ですもんね。パートの収入があるので、借りたお金を返すのもそれほど難しくないこともわかってさらによかったです。

お金を借りるのってすごく難しいイメージがあったんですが、実際に借りてみるとそうでもないということがよくわかりました。いくら子どものためだとはいえ、主人に無理は言えませんし、そのために親に借りるのもどうかと思いますからね。自分のできる範囲内でお金のやりくりをする方法が見つかってよかったです。これからも上手に活用しながら、困ったときを乗り越えて行きます!

低金利が魅力だからこそ!他社借り入れがあるなら今すぐ借り換え!

高金利ローンの借り入れをしていた場合、金利の支払い額も考えると頭が痛くなってきますよね。どうにかして、金利の支払額を減らしたり返済期間を短縮できないかと考える事もあるのではないでしょうか?

それなら、思い切って借り換える事を考えてはいかがでしょうか?バンクイックなら銀行系カードローンならではの、低金利で最大融資限度額も高いと言った点がメリットですから、この2点を利用すれば、借り換える事も可能になります。ぜひとも検討してみる余地はあるのではないでしょうか?なにより低金利のものへ借り換え出来れば、これからの返済で支払うはずだった高い金利の負担を減額する事ができます。同時に融資額が高いものに借り換える事出来れば、その分返済期間も短縮可能になりますよ。

なにより銀行系のカードローンは総量規制の対象規制外になっていますので、年収額の3分の1という融資額の制限を受ける事もありません。極端に多額でない限りは、借り換えできると思ってよいでしょうし、融資額が低かったとしても、今後の返済成績によっては融資額を増やす事も可能です。

ただし、借り換えできない場合もあります。それは複数の会社から既に借り入れがあった場合です。バンクイックは複数借り入れがあると、積極的に審査を通過させる事がないようです。つまり「多重債務者」と疑われてしまうのでしょう。その為、新規で審査の申し込みをした場合には、落ちる可能性が高いのでオススメできません。もし、複数借り入れ済みで審査が通ったとしても、1~2件程度で借入額も小額の場合のようです。このような時には、同じ三菱東京UFJ銀行で運営しているおまとめローンのサービスがありますので、複数借り入れの方はそちらを検討してみる事をオススメします。

また、バンクイックの融資目的で禁止されているものとして、「事業性資金」という名目で借り入れる事も融資不可となっていますので、複数の借り入れの借り換え同様に注意が必要です。

カードローンって主婦の借入出来たっけ?バンクイックなら融資可能!

よく聞かれるのが専業主婦はカードローンの申し込みが出来ないという事です。もし出来たとしても、高金利であったりとか怪しい業者だったというのもありがちな話ですよね。でも主婦だって不意の物入りだってあるでしょうし、家計がピンチの時に給料日まで間に合わないという時になんとか穴埋めしたい事だってあると思います。こういう時にこそカードローンは役に立つと思うのですが、やはり家族には言いにくいものですし、結局、専業主婦にとってカードローンは手の届きにくい敷居が高いものであると言っていいでしょうね。

ところがバンクイックでは専業主婦でも借り入れが出来てしまうのです。もちろんパートやアルバイトで働く主婦も借り入れができます。銀行系のカードローンでハッキリと主婦を対象と謳っているのは、あまり聞かないのではないでしょうか。

バンクイックは、主婦なら30万円まで借り入れが可能ですし、低金利も嬉しいメリット。月々の最低額が2,000円からという返済額も返しやすいのではないでしょうか?しかも、借り入れはともかくATMで返済が行なえるのも、忙しい主婦はとても利用しやすいですよね。さらに銀行系のカードローンですから、使う側にとって安心感がありますが、そのかわり審査が厳しいという事もなく一般のそれに比べて変わりはありません。主婦だけでなくお金を借りるという事に抵抗を感じている女性は比較的多いと思われますから、このように使い勝手が良ければも考えてみたくなるかもしれません。

しかし、主婦にとって一番気になるのは、誰にも知られずにカードを作れるのか?という事ではないでしょうか。もちろん、それは可能ですし、作った当日に借り入れを申し込む事も可能ですので、不意の時にタイムロスもなく利用する事ができます。また、配偶者には知られたくないと思った方も、バンクイックなら配偶者の同意がなくても作る事が出来ますから、とても安心ではないでしょうか。これは銀行系のカードローンだからこそ可能になのです。主婦でもOKと謳っている消費者金融や信販会社などのカードローンでは、配偶者の同意を必ず求める事が法律で定められていますが、銀行の場合はこの法律の範囲外となるからです。

このように専業主婦でも借り入れが出来る事をお話しましたが、いつでも借りられるとむやみに頼らずに最終的な手段としてカードローンを持っておきたいものです。

国民健康保険だと審査に通らない?健康保険の種別でなにが分かる?

バンクイックに限らず、カードローンの申し込みに提出する項目の中に「健康保険の種類」があります。この場合の健康保険とは病院へ行く時に提出する「健康保険証」になります。利用者にとっては健康保険の種類を聞かれる事に不思議を感じても、住所や年齢といった同じカテゴリーでさほど重要な項目ではないと気に留めない方もいらっしゃるのではないでしょうか?むしろ、年収や信用情報などが最重要項目だと。確かに年収や信用情報も大事なのですが、健康保険の種類によっては今後の審査を左右するかもしれないのです。

では、一体「健康保険の種類」を審査ではどのように見ているのでしょうか?それは「定職率」です。健康保険の種類で定職率を計る事が出来るのです。定職率が高いという事は、安定した収入が見込めるという事になります。定職率が低ければ安定した収入が見込めにくいという事にもなり、返済能力の有無を見ているワケですね。ちなみに健康保険の種類は4つに分類する事ができます。

1「共済」公務員に対しての健康保険。国が運営している。

2「組合保険」従業員500人以上で組合を持っている大企業が保険組合を運営している。

3「社会保険」中小企業に対しては社会保険庁が運営している。

4「国民健康保険」自営業者やフリーター、無職の方が加入している。住んでいる市町村によって運営されている。

この順番ですと、1番が定職率が高く、順番を追うごとに低くなります。つまり、健康保険制度を参考にして安定した収入が見込めるかどうかの判断を行なうのです。確かに一番借り入れしやすいのは『公務員』というのは良く聞く話ですよね。しかし、健康保険の種類でそれを判別するなんて目からうろこだと思いませんか?

このようにカードローンの審査では、健康保険の種類は年収や信用情報と同様に審査に大きな影響があります。もちろん、定職率が低いと言われる健康保険に加入しているだけで、審査が通らないといった事はありません。年収や信用情報が優秀であれば審査には通るでしょう。一方で、共済に加入していても信用情報が悪ければ通らない事も考えられます。いずれにしても、返済能力が低いと見なされれば審査は通りませんので、普段から借り入れや返済は滞りなく行なう事が、最重要となるのではないでしょうか?

聞いた事ない!バンクイックなら学生でも借入できるって本当?

学生さんはもちろん学校で勉学に励む事が重要ですが、やはりお金が必要になってくる事もあるでしょう。アルバイトをしている人も多いと思いますが、収入だって社会人のように多いわけではありません。その割りに趣味や友達の付き合いなどで、急な出費も予想されます。そんな時にカードローンがあれば、イザという時の強い味方になってくれるでしょう。カードローンと言えば、安定した収入のあるサラリーマン等しか利用できない印象がありました。今までも収入があっても一定ではないフリーターや学生さんでは、カードローンを断られてしまう事ももちろん多くあったと思います。しかし、バンクイックでは学生さんでも借り入れが可能なのです。銀行ローンで学生さんまで貸し出し可能としているのは、あまり聞かないのではないでしょうか。 

「学生でも借り入れ出来るんだ!」と喜んだ学生さんもいるかと思いますが、社会人と同様に借り入れができるわけではありませんのであくまでも注意が必要です。まず、学生さんでも借り入れ可能とお話しましたが、これには年齢制限があり「20歳以上の学生に限られる」との事です。これは学生ローンを展開している会社でも共通の制限ではないでしょうか?また、融資上限額が10万円までと小額しか借り入れる事が出来ないので注意が必要です。

このようにデメリットがある一方で、このような考え方もできます。学生で借り入れるという事は人生初めての借り入れという事にもなるでしょう。その点、初めての借り入れが銀行系のカードローンと言うのはとても安心できませんか?学生ローンというのは以前からありましたが、もちろん学生しか利用できませんから、社会人になれば使えない事になります。その点、バンクイックは一度カードローンを作ってしまえば、一生使い続ける事ができますし、年収や利用状況において融資額も大きくなって行くことにもなります。意外かもしれませんが、一般の学生ローンに比べてバンクイックは融資の際の年利が低いのが特徴です。年利が低くければ返済もしやすくなりますよね。学生から見ると10万円という額は高額と思いますので、利用する側の学生さんにとっては、安心できるのではないかと思います。

もちろん、他のカードローンでも学生が借り入れできる所があります。しかし、学生の場合はどんなに借りられても50万円が限度ですし、それ以上に融資できる業者は、ちゃんとした貸付を行なっているのか疑ってかかった方がいいでしょう。また、限度額が多い業者は金利が高い事も多いですし、学生さんは収入も少ないです。その場合には自分の返済計画を踏まえて避けるべきでしょうね。

いつでもどこでも借入返済がしやすくなったその影にATMの存在あり

銀行系のカードローン、バンクイックはその銀行のATMで借り入れや返済できるので、人目を気にせずに利用できるのがメリットではないでしょうか?それに銀行のATMは鉄道の駅や空港にもありますから、利用できる場所が多いのも強みですよね。

ATMと言えば、忘れてはいけないのはコンビニに設置してあるATMでしょう。キャッシュカードがあれば、基本的に24時間365日出し入れが可能ですから。例えば、銀行ATMのサービス時間が終了してもコンビニATMでしたら、夜中でも明け方でもいつでも利用する事が出来てしまうのは便利だなと思います。特に若い世代や単身者の方にはとても使い勝手が良いと思われます。このコンビニATMは、カードローンも利用できるのはご存知ですか?バンクイックももちろん利用できます。

バンクイックは、先ほど銀行系のカードローンであるとお話しましたが、その銀行の強みを活かして大手コンビニATM(セブン銀行、ローソンATM、イーネット)全てで利用できます。この大手コンビニはほぼ国内中の地域を網羅していますし、店舗数の合計は銀行の店舗数よりはるかに多いですから、銀行ATM以上に便利と言えるでしょう。また、利用金額に関わらず、ATM利用手数料や時間外利用手数料、借入手数料は無料というポイントにも注目したいところです。同じように他社のカードローンでもコンビニATMが利用できるようになったのですが、利用できないコンビニがあったり、店舗によってはATM手数料や借入手数料などが発生する事があります。これに比べるとバンクイックがいかにコンビニATMで使いやすいかが、お分かりになるのではないでしょうか?

カードローンの利用者にとって、借り入れや返済のツールとしてのATMは、本当に便利なアイテムとしてなくてはならない存在になりました。なにより、時間帯や日付、場所を気にせずに利用できるコンビニATMはこれからも頼れる味方になってくれる事でしょう。

カードローンの事は聞きづらいから口コミサイトを覗いてみたら?

品物を購入する際には、あれこれ見比べて決めるように、カードローンも徹底的に比較して自分にメリットがあるものを使ってみたいですよね。しかし、いざ申し込みとなると本当に使い勝手が良いのか気になったり、ユーザーの本音も聞いてみたくなりますよね?それに他にもたくさんあるカードローン会社も気になるところでありますが、まさか周りの人達に聞くのもなんだか気がひけますし、品物を購入する時のように評判や使い勝手比較検討できる方法ってないものでしょうか?

それならインターネットの口コミサイトを覗いてみてはいかがでしょうか?お食事に行く時にはレストランの口コミサイトの評判を参考にしてお店を決めたりしませんか?同じようにカードローンにも口コミサイトがインターネット上に存在しており、実際に使っている方の感想や評判などをリアルに目にする事ができますから、非常に参考になります。口コミユーザーは営利目的ではないからこそ、正直かつリアルな情報を集める事ができるので、より信頼できる情報源となるのです。

一方で口コミサイトは気をつけたい事も。有力な情報源ともなる口コミサイトですが、すべてユーザーが書き込んでいるとは限りません。ユーザーのフリをして自社製品を評価するサクラの業者も多いと聞きます。あまりにもべた褒めしているような口コミや反対に妙にネガティブな事しか書いていない口コミサイトなどは参考を控えた方がよいでしょう。しかし、このようにユーザーが不審に思うような口コミを見つけたら、管理者に通報・削除依頼できるシステムを設けている口コミサイトであれば、公平を規していると言えるでしょう。

また、口コミ系ならQ&Aサイトで自分の聞きたい質問事項があれば検索できますし。直接質問を投稿すれば、サイトを見た人がすぐに答えてくれる事もありますし、思いがけない情報を提供してくれる事もあるかもしれません。

最終的には口コミの情報は参考程度に留めておく事でしょう。なぜなら口コミサイトで評価の高いものが必ずしも自分にメリットが有るかと言われれば、そうではないかもしれないからです。目先の評価にとらわれずに、自分のメリットになる事を検討の基準とするのが何より重要な事だと思います。

周りにバレたくないから明細書は○○○で確認出来るというサービス

カードローンを作って借り入れ出来る様になると、利用履歴が残ることになります。他の金融会社や銀行のカードローンの場合、毎月もしくは半年に一回の割合で利用履歴を記載した利用明細を送付する事が多いのですが、できれば郵送以外で利用明細が分かったらいいのにと思った事はないでしょうか?やはり借入をしているということを家族や周りの人にあまり知られたくないものですから、明細書が手元に届くと言う事は、周囲に知られる可能性も大いにあるという事になります。仮に郵送されたとして、確かに紙媒体は手元に置いていつまでも見られますから、一見便利なようですが、今の時代では個人情報が漏れて悪用される可能性もありますし、やっぱり郵送されるのはいろんな意味で避けるべきだと思います。ところでバンクイックの利用明細書はどうなっているんでしょうか?これも郵送されるのでしょうか?

バンクイックの場合、利用明細書は発行しません。ですから、利用明細は自宅や勤務先へ郵送される事もないのです。では、どこで利用明細を確認すればいいのか?と言うと、インターネットの会員ページで借入状況や返済状況等を直接確認する事ができます。これでしたら、PCやスマホ上で閲覧できるのでプライバシーの侵害もありませんよね。

閲覧できるのは会員ページだけではありません。三菱東京UFJ銀行のATMや提携している大手コンビニATMでも利用明細が確認できちゃうのです。ですから、コンビニに寄ったついでにATMで利用明細を確認するという事も出来ますし、提携ATMは全国どこにでもありますから不便も感じません。これなら周りに知られる事はありませんよね。また、ATMで借り入れや返済を行なったその場でも見られるというのもとても便利だと思います。

バンクイックは、低金利と最大融資額が高い事で知られていますが、サービス面や利便性でも充実しており、とても利用者が使いやすいカードローンであると言えるのです。

返済遅延=取り立て?カードローンって怖いイメージだけど本当は?

少しベタかもしれませんが、借金の返済が遅れると自宅や勤務先へ怖い人達が来て、支払うまで連日の様に取り立てられるというイメージがあります。昔は本当にそのような事があったようで、今でも怖いイメージを持っている方達も多いのではないでしょうか?では、実際にはどうなのでしょうか?

結果から申し上げると「取立てされる事はない」と言えます。まず、法律で強引な取り立てや脅迫行為、暴力行為は罰せられる様定められているからです。ですからバンクイックに限らず信頼ある他の金融企業もそのような行為は行なっていないのが実状でしょう。借入者は金融企業からみれば大事な顧客なのです。法律で定められている事を前提としても、仮に取り立てを行なったところで、顧客が継続的に利用してくれるのか?と考えるとどうでしょうか?誰も利用しなくなってしまいますよね。これでは金融企業の死活問題にまでなるでしょう。しかもバンクイックは銀行系のカードローンですから、法律を厳守する事が徹底されていますし、そのような行為に及ぶことはありえないと言えますね。

しかし、返済遅延が長引いてしまった場合には何か処罰などあるのでしょうか?返済が遅れると遅延損害金が発生し、返済金額にそれを上乗せされた額を返済しなければいけません。これだけはありません。3回返済遅延のカウントがされると信用情報に事故情報として履歴が記録されますので、今後の借り入れの足かせになるでしょう。もちろんこれは他社への借り入れ時にも影響しますので気をつけなければいけません。それでも返済が行なわれなかった場合、督促状などの内容証明郵便が送られてきます。こうなると周囲に知られる事になり、個人の信頼低下に繋がってしまう可能性が出てきますよね。その前にバンクイックから返済に関しての話し合いの場が持たれる事もあります。

バンクイックの場合、保証人を立てなくて良いので第三者に返済を肩代わりしてもらう事できません。返済遅延で直接周囲の人に迷惑を掛けるというあまりないと思います。しかし、この場合、失ってしまうのは間違いなく個人の信用ではないでしょうか?ですから、返済遅延などはなるべく発生させずに期限を守って返済して行くべきだと思います。

ゆとりがあれば大目に返済する!金利から計算した利息を下げる方法

借り入れすれば、必ず返済の義務が生じます。毎月決められた金額を返していくのですが、懐に余裕がある時はパッと使ってしまう前に、いつもより多い額を入金したり臨時返済を行なって、繰上げ返済を行なってみませんか?

ところで皆さんは、借入金と共に毎月支払っている利息を少なくするコツがあるのはご存知でしたか?利息というのは、借りた金額と年率の金利から利息計算をして月々の利息が発生します。これは金利が見直しされない限りは変更されませんから、利息も変わりません。この事を利用して毎月支払う利息と借入金とを合わせた返済金額にさらに上乗せできる金額を足して、返済を行なえばよいのです。例えばコンビニATMでしたら、買い物に行ったついでに返す事も出来ますので、きっとこまめに返済する事が出来るでしょう。要は月々の決められた返済額以上を返済すればよいのです。例えば、10万円以下の融資額の方でしたら、月々の返済金額は2,000円になりますが、これに1,000円でも2,000円でも上乗せして返済を行なうのです。そのように返済金額を多くしても、月々の利息は変わりませんから、単純に返済された金額が多くなり、トータルで支払う利息が少なくなります。もちろん返済期間も完済まで短期間で済む事になります。

一見、利息を少なくするなんてと難しく思われがちですが、要は返済時に決められた返済金額よりも多く支払うだけなので、返済する側としてはとても簡単に行なう事ができますよね。お出かけのタイミングで多く返済してみるなんていうのも、気張らない方法で良いかもしれませんね。

どうしてそんなに借りられるの?最大融資額が500万円って本当?

最大融資額が500万円というのが売りのバンクイックですが、どうしてこんなに高い融資額を提示できるのでしょうか?御存知の通り、銀行は総量規制の対象外となっていますので、高い融資額が設定できるともいえます。他の銀行系では1000万円まで融資可能なものもあるようですが、年収が3000万以上の方に限定されているなどの制限が設けられていますので、一般的にはやはり利用者の門戸が広いバンクイックが使いやすいと言えるでしょう。また、消費者金融にはない銀行カードローンならではの低金利である事も魅力の一つでしょう。

しかし、いきなり最大融資額の500万円が借り入れられるわけではありません。これは一個人の制限額が500万円までという意味になります。借り入れの審査の時にその方の年収や信用情報に基づいて、融資額を決める事になります。もし100万円以上の融資額希望であれば、所得証明などの収入証明書が必要となる厳重な審査が発生する事になります。当然、融資金額が大きくなれば、その返済能力も問われる事になるからです。しかし、反対に100万円以下であれば、誰でも融資を受けられるという事が言えるのではないでしょうか?

またバンクイックの金利は、融資可能額に合わせた金利が設定される「変動金利」を謳っています。政策金利が変動された場合には、それに合わせて金利の見直し設定も行なわれる事もありますが、決められた融資額の幅を超えなければ、まず金利額は変わりません。融資額に応じて金利が設定されているのは、利用者にとって大変分かりやすいと思います。

このように500万円までの高額融資が可能なバンクイックですが、いきなり誰でも借り入れ可能というワケではないようです。しかし、100万円以下なら即日融資が可能ですし、融資可能額に応じた金利が設定されているので、利用者にとっては使いやすいカードローンと言えるでしょう。